盗塁について(その他)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

盗塁について(その他)

フリー百科事典ウィキペディア『盗塁』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%97%E5%A1%81

その他

二死でボールカウントが3ボール2ストライクになった場合、フォースの状態にある走者は打者の対応に関わらず投球と同時に次の塁に進塁を試みる。

これは盗塁は決して成立しないが、投手対打者の対戦結果がストライクならば三振で攻守交代、四球や死球ならそのまま進塁、打った場合はファウルボールでも安全に元の塁に戻ることができ、飛球が上がってこれが捕球されても三死で攻守交替なのでリタッチの義務が発生することもないため、打者が打った場合に少しでも次の塁に近づけるようにするメリットをノーリスクで得ることができるからである。

この状態を実況では自動スタート、オートマチックスタートなどと呼称する事がある。

また、走者の盗塁を成功させるために、打者が捕手の送球を邪魔することを目的とし、わざと大きな空振りやバントの構えをすることがある。

これを、バッターアシストというが、審判員が「明白な故意」による行為であると判断すれば守備妨害となる。

特に、空振りではなく、結果的にバットを引いてボールを見送った格好になった状態でホームに覆いかぶさるなどの行為は、「明白な故意」でなくても、守備妨害と認定されやすい。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加