盗塁について(本盗)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

盗塁について(本盗)

フリー百科事典ウィキペディア『盗塁』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%97%E5%A1%81

三盗

本塁への盗塁(本盗)が最も仕掛けられやすいのは、二死三塁の場合である。

本盗はどうしても1点が欲しいが、打者に期待ができないような場合の作戦であり、バッテリーがこれに対して一定以上の警戒を払っていれば確実に失敗する作戦である。

そのため、無死や一死の場合はより成功率の高いスクイズプレイが通常用いられ、本盗は稀である。ただし、空振りによるスクイズ失敗の際、結果的に本盗を記録することは稀に見られる。

本盗のスタートのタイミングは二種類ある。

一つは二盗、三盗と同様のタイミングでスタートするものである。

特に二死三塁の場合など、盗塁の危険がほとんど無いため、投手がセットポジションではなくワインドアップポジションで投げようとする場合、大きなモーションの隙を突いた本盗が敢行されることがある。

もう一つは捕手から投手への返球の隙に走り出すものである。

なお、記録上最も多いタイプの本盗は、走者一・三塁の状況からの重盗としてのものである。この多くはもともと重盗を企図したものではなく、一塁走者の単独盗塁に対しての送球の間に隙を見て三塁走者が走ったケースである。

記録上重盗とするか失策とするかは微妙なケースも多い[11]。

また、盗塁の成否に関係無く、投手に牽制球を投げさせ、ボークを誘うプレイという意味で、「フォースボーク」とも称する[12]。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加