盗塁について(二盗)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

盗塁について(二盗)

フリー百科事典ウィキペディア『盗塁』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%97%E5%A1%81

二盗

二塁への盗塁(二盗)が最も仕掛けられやすいのは、走者一・三塁の場合の一塁走者である。

捕手は二塁に無理な送球を行ってそれたりすると三塁走者が本塁に行ってしまうため、二塁送球を行わず盗塁を許すことも多く、きわめて盗塁成功率が高い。

また、盗塁で一塁走者が二塁へ進むことにより、次打者での併殺のリスクの軽減、2点得点の可能性増大など攻撃側のメリットも大きい。

ただし、状況次第では対戦している打者が故意四球される可能性が高くなるため、次打者以降の攻撃による得点可能性を比較したうえで実行する必要がある。

また比較的仕掛けるケースの多いのは、二死一塁の場合である。

これは、無死や一死なら送りバントという別の手段の方が用いられやすいこともあるが、通常二死一塁から打撃のみで得点を狙う場合は単打2本か長打1本が必要。

それよりは盗塁死の危険があっても盗塁+単打の実現可能性の方が高いということが理由として挙げられる。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加