盗塁について(テクニック)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

盗塁について(テクニック)

フリー百科事典ウィキペディア『盗塁』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%97%E5%A1%81

盗塁を成功させるために必要な技術は短距離走の速さだけではない。MLBで6度盗塁王となったモーリー・ウィリスは「失敗を恐れてはいけない、数千数万の大観衆、あるいはテレビ視聴者が見ている前で喜んで盗塁死するくらいの図太さ・図々しさが必要なんだ」と述べている[13]。NPBで5度盗塁王となった赤星憲広も盗塁において最も重要なのは足の速さではなく「アウトを恐れずにスタートを切る勇気」であり、「僕にとって盗塁の数は勇気の証」と[14]、精神面の重要さについて言及している。

江藤省三はさらにスタート (Start)、スピード (Speed)、スライディング (Sliding) の「3つのS」が大切で、なかでもスタートが最も重要と述べている[15]。

盗塁を企図する走者は、投手による牽制球の際にアウトにならないよう帰塁することを第一に充分なリードを取り、投手の癖を見極め、勢いのあるスタートを切る必要がある[15]。MLBで4度盗塁王を獲得しているカール・クロフォードは「スピードだけに頼らない盗塁の仕方を考えたんだ。自分はどこまで塁から離れられるか突き詰めた結果、もう1歩だけ大きくリードをとることができることがわかった。そして今まで以上に野手の動きと投手のモーションを洞察するようになった」とスタートの重要性について語っている[16]。

短距離走では全速力でゴールを駆け抜けるが、盗塁の場合はベースを追い越してしまうとオーバーランとなり(本盗の場合は除く)、その状況で触球されればアウトとなってしまう。この為、ベース付近まではスピードを落とさないまま、ベース上でブレーキを掛けるスライディングが必要となる。このスライディングをするタイミングが早すぎるとベースに到達する前に無駄なブレーキが掛かってしまい、遅すぎるとベースで止まりきれずにオーバーランをする恐れがある。また、スライディングそのものが下手だとタイミングに関係なく無駄なブレーキが掛かってしまう。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加