盗塁について(盗塁戦術)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

盗塁について(盗塁戦術)

フリー百科事典ウィキペディア『盗塁』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%97%E5%A1%81

最も基本的な盗塁の方法は、投手が投球動作に入る前に、牽制球に対し安全に帰塁できる程度の距離だけ離塁(これを「リード」という)し、投球動作を始めた瞬間に次の塁へ走り始めることである。対して投手は、走者の離塁を牽制するため、投球動作に入る前であれば、塁に牽制球を投げることができる。投球しなければならないモーションの段階で牽制球を投げた場合はボークと判定され、走者に安全進塁権が与えられる。

この他、守備側の牽制や送球の隙を衝いて盗塁を試みることもでき、これをディレイドスチールという。

二塁への盗塁を二盗(セカンドスチール)、三塁への盗塁を三盗(サードスチール)、本塁への盗塁を本盗(ホームスチール)という。また、走者が一・二塁、一・三塁、二・三塁のいずれかにいる状況でこの2走者、あるいは満塁の状況で二塁・三塁の2走者が同時に盗塁することを重盗(ダブルスチール)、満塁の状況で3走者が同時に盗塁することを三重盗(トリプルスチール)という。重盗、三重盗の場合はすべての走者が安全に進塁した場合に限り、全員に盗塁が記録される。

二盗

二塁への盗塁(二盗)が最も仕掛けられやすいのは、走者一・三塁の場合の一塁走者である。

三盗

三塁への盗塁(三盗)が最も仕掛けられやすいのは、一死二塁の場合で、特に右打者の打席の場合である。

本盗

本塁への盗塁(本盗)が最も仕掛けられやすいのは、二死三塁の場合である。

その他

二死でボールカウントが3ボール2ストライクになった場合、フォースの状態にある走者は打者の対応に関わらず投球と同時に次の塁に進塁を試みる。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加