走塁について(進塁できる場合)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(進塁できる場合)

フリー百科事典ウィキペディア『走者』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E8%80%85

本塁打やボークなどのプレイの状況によって、走者はアウトにされる恐れなく進塁することができる場合がある。これを安全進塁権という。

ボールデッド(プレイ中断)の元で安全進塁権が与えられたときは、与えられた塁以上に進むことは認められない。

そのため、例えば一・二塁間に一塁走者と打者走者の二人がいたときに 2 個の安全進塁権が与えられた場合は、一塁走者は三塁まで進めるが、打者走者は二塁までしか進めない。

ボールインプレイ(プレイ継続中)の元で安全進塁権が与えられたときは与えられた塁より先に進んでも構わないが、与えられた塁に達した段階で走者が安全に進塁できる保障はなくなるので、それ以降はアウトにされる可能性がある。

なお、与えられた塁を空過した(踏み損ねた)場合でも、その塁には達したものとみなされる。

また、打者に一塁が与えられた場合は、打者に一塁を明け渡すために進塁しなければならなくなった走者は安全に次の塁へ進むことができる。

いわゆる四死球による押し出しは典型的な例である。

安全進塁権についての詳細は、安全進塁権の項を参照のこと。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加