走塁について(守備妨害:その他、攻撃側プレイヤーの妨害)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(守備妨害:その他、攻撃側プレイヤーの妨害)

フリー百科事典ウィキペディア『守備妨害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E5%82%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3

■アウトになったばかりの打者または走者、あるいは得点したばかりの走者が、味方の走者に対する野手の次の行動を妨害した場合[1]。代表例は、アウトになった走者が併殺を狙う二塁手や遊撃手をスライディングで故意に転ばせる行為。
……守備の対象であった走者がアウトになる。

■攻撃側プレイヤーが、走者が向かってくる塁に接近して立ったり、密集したりして、守備を困難にした場合。
……守備の対象であった走者がアウトになる。

■三塁または一塁のベースコーチが、帰塁しようとする走者を支えたり、離塁しようとする走者に触れたりして、肉体的に走者に援助した場合。
……援助を受けた走者がアウトになる。

■走者三塁のとき、ベースコーチがコーチスボックスを出て、何らかの動作で野手の送球を誘致した場合。
……三塁走者がアウトになる。

■攻撃側プレイヤー(次打者やベースコーチ、ベンチにいる選手も含む)が、打球や送球を処理しようとしている野手のために場所を譲らなかったために、野手の守備を妨害した場合。
……その守備の対象であった打者または走者がアウトになる。

■ホームインしたランナーに送球が当たった場合
……送球がホームインしたランナーに当たった時点でボールデッドとなる。送球が当たってしまったランナーのホームインは認められるが、本塁に1番近い走者がアウトになる。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加