走塁について(守備妨害:走者の妨害)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(守備妨害:走者の妨害)

フリー百科事典ウィキペディア『守備妨害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E5%82%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3

次のような場合は走者の守備妨害であり、原則としてその走者はアウトになる。

・どのような方法であっても、ファウルボールの進路を故意に狂わせた場合。
・走者が打球を処理しようとしている野手を避けなかったか、送球を故意に妨害した場合。
・走者がまだ野手に触れていないフェアボールにフェア地域で触れた場合。

  ただし、
   1.一度でも内野手が触れたフェアボールに触れた場合
   2.投手を除く内野手の股間や横を通過したフェアボールに、そのすぐ直後で触れた
    場合で、この打球に対して他の内野手が守備する機会がないと審判員が判断した場合
   3.インフィールドフライが宣言された後に、塁に触れている走者に飛球が当った場合
  には、走者はフェアボールにフェア地域で触れたという理由でアウトは宣告されない。
  もちろん、このようなフェアボールであっても故意に蹴ったりした場合は守備妨害でアウト
  が宣告される。

・走者が明らかに併殺を阻止しようとして、故意に打球を妨げたり、打球処理しようとしている野手を妨害した場合。この場合、走者がアウトになるのはもちろん、野手がどこで併殺を狙おうとしていたかに関係なく、打者走者もアウトになり、他の走者には進塁が認められない。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加