走塁について(守備妨害:打者の妨害)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(守備妨害:打者の妨害)

フリー百科事典ウィキペディア『守備妨害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E5%82%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3

捕手に対する妨害

規則6.06(c)では、次のように定めている。

「打者がバッターボックスの外に出るか、あるいはなんらかの動作によって、本塁での捕手のプレイ及び捕手の守備または送球を妨害した場合。しかし例外として、進塁しようとしていた走者がアウトになった場合、及び得点しようとした走者が打者の妨害によってアウトの宣告を受けた場合は、打者はアウトにはならない。」

後段の但し書きは、守備妨害を含む一連のプレイで重複してアウトがとられることを防ぐためである。

この定義に関する具体例としては、次のような場合が考えられる。

バッターボックスの外に出るなどの何らかの動作で、捕手の送球や本塁でのプレイを妨害した場合。
第3ストライクの後、捕手の送球や本塁でのプレイを妨害した場合。
第3ストライクが宣告されただけ(振り逃げが可能)もしくは四球が宣告され一塁に進むことができる打者走者が捕手を妨害した場合は、打者走者がアウトになる。
第3ストライクが宣告され三振で打者がアウトになった後、他の走者の盗塁を阻止しようとしている、または本塁を守備しようとしている捕手を妨害した場合は、守備の対象となる走者にもアウトが宣告される。どの走者に対して守備が行われていたかが明らかでない場合は、本塁に一番近い走者がアウトになる。
ただし、特に走者が得点しようと本塁に向かってきている場合については、規則7.08(g)で別に定めている。無死または一死で走者が得点しようとしたとき、打者が本塁における守備側のプレイを妨げた場合、守備の対象である得点しようとしている走者をアウトにする。二死であれば守備妨害で打者がアウトとなり、得点は記録されない。

スクイズプレイのときなどで、走者が得点しようとしているときに打者が反則打球をした場合、日本では2005年までは規則7.08(g)を適用して、無死または一死の場合は守備の対象である得点しようとしている三塁走者をアウトにしていたが、2006年にこの規則が改正され、反則打球の規則を適用して打者をアウトにし、走者は投球当時に占有していた塁に戻すこととされた。
また、特に悪質な場合として、併殺を阻止するために故意に守備を妨害した場合について、規則7.09(g)に定めがある。打者走者が明らかに併殺を阻止しようとして、故意に打球を妨げたり、打球処理しようとしている野手を妨害した場合、守備妨害を宣告して打者走者をアウトにするのはもちろん、野手がどこで併殺を狙おうとしていたかに関係なく、本塁に一番近い走者もアウトにする。またこの場合は直ちにボールデッドとなり、他の走者の進塁は認められない。

ただし、次のようなときは守備妨害とならない場合もある。

空振りしたバットが、振った勢いや自然な動作で振り戻したときに捕手に当たって守備の妨げになった場合。このようなときは打者の守備妨害とはしないが、直ちにボールデッドになり、盗塁しようとしていた走者は投球時に占有していた塁に戻る。打者にはストライクが宣告され、これが第3ストライクに当たるときは、打者を三振でアウトにする。

打撃後の打球に関する接触など

規則6.05(h)では、次のように定めている。

「打者が打つか、バントしたフェアの打球に、フェア地域内でバットが再び当たった場合。 」

この具体例としては、原注などにより、以下の場合がある。

故意であったか否かに関わらず、バット全体がフェア地域に飛んで、プレイをしようとしている野手(例えば打球を処理しようとしていたり、送球しようとしていたり、送球を受けようとしていたりしている野手)を妨害した場合。
折れたバットの一部がフェア地域に飛んで、打球または走者や野手に当たった場合はボールインプレイである。ファウル地域で打球に当たったときはファウルボールである。
打者が打ったフェアの打球が、フェア地域で再びバットに当たった場合。
フェアの打球が転がってきて、打者が打った後地面に落としたバットに偶然フェア地域であたった場合はボールインプレイである。ただし、打球の進路を変えようと打者が意図的にバットを置いたのではないと審判員が認めた場合に限る。
さらに規則6.05(i)には、

「打者が、打つか、バントした後、一塁に走るにあたって、ファウルボールの進路を、どんな方法であろうとも故意に狂わせた場合。」

とある。ファウルボールに触れてしまった場合、それが故意に行ったのであれば守備妨害が宣告されるが、故意でない場合はファウルボールである。

一塁手への妨害

規則6.05(k)では、次のように定められている。

「一塁に対する守備が行なわれているとき、本塁一塁間の後半を走るにさいして、打者がスリーフットラインの外側(向かって右側)、またはファウルラインの内側(向かって左側)を走って、一塁への送球を捕えようとする野手の動作を妨げたと審判員が認めた場合。ただし、打球を処理している野手を避けるためにスリーフットラインの外側またはファウルラインの内側(レーンの外)を走ることは差しつかえない。」

例えば、打者が捕手前にゴロを打った場面で、打者が一塁に向かって走っているとき、打球を処理した捕手が一塁へ送球したところ打者の背中に当たってしまった場合、打者がスリーフットレーンの中を走っていたのであればボールインプレイであるが、スリーフットレーンの外を走っていたのであれば守備妨害が宣告される。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加