走塁について(走塁妨害)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(走塁妨害)

フリー百科事典ウィキペディア『走塁妨害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E5%A1%81%E5%A6%A8%E5%AE%B3

走塁妨害(そうるいぼうがい)とは、野球で、走者が野手に走塁を妨害されたことによって適用されるルールである[1]。英語ではObstructionといい、日本でも審判員が「オブストラクション」と宣告することがある。

概要

野手は、「ボールを持って走者をアウトにしようとする」ときや「打球や送球を処理する」ときを除いて、走者のために走路を譲らなければならない。走路を譲らなかったために走塁を妨げると、走塁妨害となる。ここで「打球や送球を処理する」とは、打球や送球が野手に向かってきていて、これを捕球しようとするための動作、もしくはボールをつかんで送球し終わるまでの動作をいう。したがって、例えば、内野ゴロに野手が飛びついたが結局捕ることができず、そのまま横たわっている状態で走者の走塁を遅れさせた場合には走塁妨害となる[2]。

野手が打球を処理しているときは野手の守備が優先であり、走者が野手を避けなければならない。このような場合に野手と走者が接触したときは、故意と偶然とに関わらず、原則として走者の守備妨害となる。

野手が投げた送球が故意ではなく誤って走者に当たった場合はボールインプレイであり、走塁妨害・守備妨害のいずれにもあたらない。

適用条件

走塁妨害は野手と走者の接触を条件とするものではなく、「野手が走塁を妨害した」と審判員が判断すれば走塁妨害を適用する。 例えば、

走者の走路上にボール処理に無関係の野手が立っていたので、迂回して進塁した。
長打性の打球で打者走者が一塁を通過する際、一塁手がベース内側隅に立っていたため、これをよけて二塁に向かった。
のようなケースでも、これを審判員が「走塁妨害であり走者が不利益をこうむった」と判断すれば走塁妨害が宣告される。

最終回の裏、満塁で打者が四球を得て、押し出された三塁走者の得点が決勝点(サヨナラゲーム)となる場合で、観衆がフィールドになだれ込み、三塁走者が本塁を踏むことや打者が一塁を踏むことを肉体的に妨害した際には、観衆による走塁妨害としてそれぞれの得点や進塁を認める[3]。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加