走塁について(アピールアウト)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(アピールアウト)

フリー百科事典ウィキペディア『走塁妨害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E5%A1%81%E5%A6%A8%E5%AE%B3

次の場合、守備側から審判員にアピールがあれば、走者はアウトになる

・飛球が捕らえられた際に、走者が帰塁出来ない場合(飛球が捕らえられる前にすでに離塁していたり、タッグアップのタイミングが早かった場合など)
   本来であればこの場合にも守備側は審判員にアピールしなければならないのだが、飛球
   が捕らえられる前にすでに離塁していた走者が帰塁する最中に塁に触球する場合では、
   アピールが省略され、塁への触球のみで走者が直ちにアウトになることが多い。
・走者が塁を空過した(踏み損ねた)とき。[1]
・一塁を駆け抜けた打者走者が直ちに一塁に帰ってこないとき。
・本塁に突っ込んだ走者が、本塁に触れておらず、しかも触れなおそうともしていないとき。


このようなプレイはアピールプレイと呼ばれ、アピールプレイによるアウトはアピールアウトと呼ばれる。アピールプレイでは、野手は、走者または目的の塁に触球して審判員に分かるように動作や言葉でアピールすることが要求される。

アピールプレイは「塁に触球してアウトにする」プレイであるが、アピールアウトはフォースアウトではないので、両者は厳密に区別される必要がある。ただし、状況によってはアピールプレイによるアウトがフォースアウトであることもある(例として、二死満塁でフェンスオーバーの本塁打を打った際に一塁走者が二塁を空過していたとき、守備側がアピールし審判員がこれを認めれば、そのアウトはフォースアウトになり、本塁打による得点は取り消される)。

また、フォースアウトでない第3アウトが成立してイニングが終了しても、それ以外に有利なアピールプレイが残っている場合、守備側がイニング終了後でもアピールプレイを行えば、すでに成立した第3アウトと置き換えることができる。この件を題材にしたものに、水島新司の漫画『ドカベン』で描かれた「ルールブックの盲点の1点」がある。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加