走塁について(ランナー)|少年野球走塁盗塁練習指導法ガイド

少年野球のコーチ・監督さんやお父さんへ。走塁・盗塁練習というとインパクトが薄くなりがちですが、とても大事な分野です。走・攻・守、三拍子揃った万能な野球選手に育てたいですか?元プロ野球選手であり、元巨人軍1軍守備走塁コーチでもある屋敷要がとっておきの指導法を伝授します。

走塁について(ランナー)

フリー百科事典ウィキペディア『走塁妨害』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E5%A1%81%E5%A6%A8%E5%AE%B3

走者(そうしゃ)とは、野球・ソフトボール・クリケットなどで、塁(クリケットではウィケット)に向かって走る攻撃側の選手である。英語では runner(ランナー)。野球では、公認野球規則2.68が走者を定義している。

概要

打者は、フェアボールを打ったり、四球や死球、振り逃げ、捕手や野手による打撃妨害などによりバッターボックスを離れ一塁に向かうことで走者となる(公認野球規則6.09)。特に一塁に達するまでの走者は打者走者(だしゃそうしゃ;バッターランナー)と呼ばれて区別されることもある。

走者は、ボールインプレイの元では常に進塁を試みることができ、一塁・二塁・三塁・本塁の順に進む。走者が正規に走塁し本塁に触れると、攻撃側に 1 点が与えられる。ただし、飛球が捕らえられたときは、投球時にいた塁に触れ直さなければならない(これをリタッチという)。

リタッチのためなどの理由で逆走する必要がある場合は、進塁とは逆の順で本塁・三塁・二塁・一塁の順に戻らなければならない。

進塁または帰塁の途中、何らかの理由でアウトになると、グラウンドから退かなければならない(アウトになる場合について、詳しくは後述する)。

屋敷要の少年野球走塁練習指導法の詳細はコチラ

メインメニュー

走塁について

盗塁について

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加